受け入れに疲れちゃった?ホームステイ受け入れでよくあるトラブルと対策!

ホストファミリーに登録される方から「ホームステイの受け入れで今までどんなトラブルがありました?」というご質問をよくいただきます。確かに海外と日本では文化や価値観の違いもありますし漠然と不安になりますよね。

そこでこちらの記事では、ホームステイの受け入れでよくあるトラブルとその対策についてご紹介したいと思います!

ホームステイを受け入れたいけれど、ちょっと不安があるかも…という方は是非参考にしてみてくださいね!

トラブル①:「家族」ではなく「お客」としておもてなしをしてしまう

特に初めて受け入れをする方に多いのですが、ゲストを家族ではなく「お客」として特別に扱ってしまうことがあります。

あるホストファミリーはせっかく日本に来たのだから、いろいろなところに連れていってあげたいと思い週末には旅行の計画を立ててみたものの、ゲストはそれほど行きたい様子はなく何が問題なのだろうともやもやしていました。よくよく話を聞いてみるとゲストは元々、学校以外の時間は家でゆっくり過ごしたいと思っていたのです。

ー対策:気合を入れすぎない。我が家の「日常」をゲストと過ごすこと

ホストファミリーとしては、「せっかく日本に来たのだから…」ともどかしくなりますよね。しかし考えてみると、日本人同士でも人によって休日の過ごし方が異なります。ゲストもそれと同じです。相手が何をしたいか、母国ではどんな生活を過ごしてきたのかといったことを知っていくと、ホストファミリーも無理のない範囲でゲストと交流することができます。

「ゲスト」とはいえ「家族」の一員として接していきましょう。特に受け入れの期間が長くなるほど、普段の生活リズムを崩さないことが受け入れを成功させる秘訣です。ゲストにとってはホストファミリーの日常こそが「新鮮な経験」に満ち溢れています。

トラブル②:せっかく作った食事を何も言わずに残す

ホームステイの受け入れ中にホストファミリーからよくいただくのが食事に関するお悩みです。具体的にあげると、ゲストが何も言わずに作った食事を食べ残してしまうこと。せっかくゲストのことも考えて作ったのに、残されてしまったら悲しいですよね。それが重なっていくと、毎日のことなので食事を作ることがだんだん苦痛になってきてしまいます。

―対策:何が食べられないかを確認する。食文化の違いを理解する。

こういう時はゲストに食べ物の好き嫌いを確認することが大事です。具体的に何が食べられないのかが分かればメニューを考える際の参考になります。また小鉢に一人分ずつ盛るのではなく、大皿に盛って自分の好きな分だけ取るようにすることもおすすめです。

国によっては食べ物を残すことが良いマナーとされている場合もあります。また、冷たい水を飲まない、生野菜をあまり食べないといった習慣もあります。そういった文化の違いを理解することでトラブルを避けることができます。

トラブル③:「◯◯人だから~」という先入観

初めて受け入れをする方だけでなく長年ホストファミリーをやっている方でも、無意識に「◯◯人だからきっと陽気な人だ」や「△△の人はこういう食べ物が好きに違いない」といった先入観をもっていることがあります。もちろん中にはイメージ通りの方もいるでしょうが、実際は千差万別です。陽気な国民性だと思っていたけれど実際に受け入れたゲストがとても大人しくあまり意見を主張しないことだってあります。

その時に自分が思っていたイメージと違うからと相手に対して不満を抱いてしまうことがありますが、これはNGです。先入観が邪魔をして、ゲストとのコミュニケーションがギスギスしたものになってしまうケースがあります。

―対策:先入観を捨ててまずはコミュニケーション!

相手の人柄を知るためにコミュニケーションを重ねていきましょう。どういった性格なのか、何が好きで何が苦手なのかを知ることが重要です。そうするとゲストの行動や発言への違和感もなくなり、「◯◯人」ではなく一人の人間として接しすることができます。

そうして理解を深めゲストと心が通い合っていく中で、最初はどうなることかと思ったけれど受け入れをして良かったというホストファミリーはたくさんいらっしゃいます。

まとめ

上記以外にも、ホームステイの受け入れをしているホストファミリーから様々なお悩みの相談をいただきますが、その多くは「コミュニケーション不足」や「現実と理想のギャップ」などが原因です。

日本では言葉にしなくても察するという習慣や、調和を大事にするという広く共有された価値観があります。しかし海外のゲストはそれらに馴染みがありません。だからこそ彼らの国の文化や価値観を知り、日本のことも伝えて理解しあっていくことが重要です。それこそがホームステイにおける国際交流の醍醐味であるともいえます。

また、受け入れをする前に抱いていたホームステイのイメージと現実が異なっているために、だんだん受け入れが負担になっていくことがあります。大事なことは、受け入れそのものを楽しんでいくことです。海外との文化や価値観の違いを日常生活で経験することは中々できません。それらを経験として楽しんでいくとホームステイの受け入れも貴重な思い出になっていきます。

以上ホームステイの受け入れでよくあるトラブルをご紹介致しました!人間同士ですのですれ違うこともありますが、それ以上に楽しい思い出を築いていかれる方がほとんどです。

また、お困りごとがあった際にはホームステイインジャパンのスタッフがサポート致しますのでご安心ください!

ホームステイインジャパンでは、ホストファミリーを大募集中です!詳しく知りたい方は下記の資料請求ボタンよりご請求ください。

また、お住いの地区によっては、オンラインでホストファミリー募集説明会を行っておりますので、興味のある方は下記リンクよりお申し込みください。

<お問い合わせ>
株式会社ネクステージ ホームステイ イン ジャパン
TEL: 03-3866-0139
E-mail: info@homestay-in-japan.com